WordPress Ping Optimizer 簡単設定で Ping送信を自動化できる

WordPress用アクセスアップ系プラグイン WordPress Ping Optimizer は、Ping送信を自動化することでブログの更新情報をサーバーに知らせることができるプラグイン。

更新状況を知らせることによってGoogle検索にいち早く記事を見つけてもらうことが可能となるのです。サーバーリストをプラグインにセットするだけの簡単設定を解説します。

プラグインの簡単設定

インストール済みプラグインの確認

プラグインがすでにインストール済みで有効化がされているかを確認します。確認が取れたら設定の手順に進みます。

プラグインが確認できない場合

プラグインをインストールする必要がある。

サイドバーからプラグイン  新規追加

プラグインのインストール有効化

プラグインのインストール方法を確認したい場合は、下記の関連記事からプラグインインストール方法を確認ください。

WordPress STORK プラグインセットアップのまとめ

2017.02.22

簡単設定の手順

きいりん
このマークを見かけたら
クリックしてね

プラグインの設定に移動

サイドバーから設定
 WordPress Ping Optimizer

 

プラグインの設定

青枠の中を全て削除

下記のコードを全て選択してコピー

 

Ping 送信リストの追加

枠の中にペースト

Save Settings

きいりん
設定は完了です

これで登録したサーバーに記事の更新を知らせるPing送信設定は完了です。このプラグインのメリットに、Ping送信の自動化による重複を防止機能が付いています。

スパム的にping送信をしたがためにGoogleの評価が低下することを防いでくれるので、Ping送信に関することはプラグインにお任せできるというわけです。

 

Ping 送信エラーの確認

Ping log  日付

 

Ping送信をサーバーに送った状況がPing logから確認することができますが、赤く表示されているものは何らかの原因でPing送信ができなかったものです。

しばらくエラーが続くようならリストからサーバーのアドレスを削除して下さい。Pingサーバーとして使えるアドレスがあれば追加することでアクセスアップにつながります。

Ping logを定期的にメンテナンスするとして、使えないアドレスから新しい情報に更新していく。そうしてWordPressを快適に使える環境が保てます。

 


カンファレンスバナー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

きいりん

今やワードプレスはモバイルファーストって
初心者ながらにそうやってブログが今よりもっと楽しくやれるように日々奮闘しています。
皆さんに少しでもためになるような記事ができたらと思うのでこれからも応援をよろしくお願いします。 (^^)v